2017年03月30日

百合ヶ丘に街づくりに取り組む小さな酒屋さんがありますよ!

こんにちは、コーディネーターの浦川です。
今日は魅力的な小さな商いを営んでいる方をご紹介。

新宿から小田急線に乗って約30分。
百合ヶ丘という駅があります。
静かな住宅街のたたずまいを見せる落ち着いた街です。

そんな住宅地にポツリと突然現れるのが、
飛永さんが営む酒屋さん「kanoco BEER&MARCHE」。

自分の名前Kanocoと付けたオリジナルのクラフトビールと、
つながりの深い熊本ワインからの貴重な一本がウリです。

かの子さんは、ここでの販売を中心に、
シニアワインエキスパートやチーズプロフェッショナルの資格を活かした、
ワインセミナーを開催しています。

地元の飲食店とコラボするワインセミナーは大人気で、
すぐに定員が埋まるそうです。

かの子さんは、“ここには魅力的な人がたくさんいる。
私の仕事はそんな人たちをワインでつなぐこと”
とおっしゃいます。

百合ヶ丘にはポツリポツリと小商いが点在しています。

居酒屋さん。

パン屋さん。

銭湯まであります。
かの子さんの取り組みは、
そんな人たちと共に、人をつなぎながら、
街のぬくもり、活気を作っていくこと。

かの子さんの小さなお店は、
街づくりをしている酒屋さんです。

みなさん百合ヶ丘にお寄りの際は、
ぜひ、かの子さんのお店に立ち寄ってみてください。








  


Posted by 神奈川県よろず支援拠点 at 17:28・相談風景

2017年03月23日

おもてなしギフト!

今日は月2回の全体ミーティングの日。
後半は、ヤフー株式会社
社会貢献事業部の小澤さんにお出で頂き、
中小企業・小規模事業者向けのECサイト
地域ブランドギフト専門店、『おもてなしギフトショップ』の勉強会を開催しました。

ヤフーさんが、地域に眠る優れものの商品を
商工会議所のみなさんととの連携を経て
ITを活用し世の中に発信する、
地域創生の文脈から開発した取り組みです。

よろず支援拠点も、
魅力的な事業者や商品の発掘等々、
連携していきます。

ご興味ある方、是非ご一報ください。
みんさんの愛する商品を世の中に発信するチャンスです。



  


Posted by 神奈川県よろず支援拠点 at 17:33よろずの日常

2017年03月17日

服部板金工業さまの工場に行ってきました!

コーディネーターの浦川です。

今日は春の温かい日差しを感じながら、
横浜は金沢区にある服部板金工業さんに伺ってきました。
前回は、よろずに来て頂き下打ち合わせを、
今日は工場など作業現場もご案内して頂きながらのお打合せです。

服部板金さんは、
自動車や電車などのシート部分の
試作開発を主におこなっています。

お話しを聞いてはいましたが、
まさに現場を見ると技術者集団、職人集団なのがわかります。
整理整頓された作業場、
緻密に設計された情報管理。
まさに機密だらけ。
何年後かに製品化される試作品を開発する現場です。
当たり前ですよね。

今日は服部社長と生産管理と営業全般を統括されている
西濱統括部長と3人でじっくり意見交換ができました。
今後の展開が楽しみです!



  


Posted by 神奈川県よろず支援拠点 at 16:17・相談風景

2017年03月16日

自社の強みを生かして世界と戦う!

よろずセミナー開催ご報告!
コーディネーターの浦川です。
3月9日に開催されたセミナー、多くの方にお集まりいただきました。
会場はこんな感じです。

神奈川大学 経営学部国際経営学科の田中先生に、
『自社の強みを生かして世界と戦う』
中小企業の体質改善と筋トレ方法公開!
と題して、
中小企業が海外に進出する時の心構えや、
市場の価値を見抜く“目利き力”に関して等々、
興味深いおお話しを頂きました。

中でも、成功体験の中に落とし穴は潜んでいて、
この方法で上手くいったという根拠のない楽観論ほど
怖いものはないとのこと。

常にチェックし、進化し続ける。
何事にも通ずる言葉でした。

田中先生、貴重なお話しありがとうございました!







  


Posted by 神奈川県よろず支援拠点 at 15:06・セミナー・イベント情報

2017年03月14日

世の中に知ってもらう!

コーディネーターの浦川です。
よろず支援拠点では、
中小事業者のみなさんの前向きなチャレンジを
世の中のみなさんに知ってもらおうと
積極的にPR広報の支援をさせていただいてます。

どんないいものや素晴らしい取り組みでも
知ってもらわないことには始まらない。
これ、単純なことなんですが、とっても重要なことなんです。

みなさん、モノづくりは一生懸命で、
素晴らしい商品やサービスを開発されます。
でも、知ってもらうっていうことに関して
課題を持っているケースが多いんです。

最近よろず発信で記事になったものの一部をご紹介!
ストレスチェックに革命を起こす「きりつ名人」を開発されたクロスウェルさん。

鎌倉で母親の想いでの味を再現するアリエスさん。

防災に使える備蓄クッキーを開発した洋菓子店ロリアンさん。

情報発信に悩みを抱えている方がいらっしゃいましたら、
是非、よろず支援拠点にご相談ください。

僕がいつもご相談で肝に銘じていることは、
必ず発信すべき、社会に伝えるべきメッセージはある!っていうこと。
それを見出す、見つけるヒントは「抽象化」です。
一度、自分の仕事、業種、製品を抽象化してみる。
是非チャレンジしてみてください。




  


Posted by 神奈川県よろず支援拠点 at 17:08・メディア掲載情報

2017年03月02日

ダイバーシティってなに?

コーディネーターの浦川です。
ちょっと遅くなりましたが、
2月9日に開催しました「ダイバーシティセミナー」レポートです。

講師の油井先生は、女性のビジネス支援の経営コンサルタントとして、
ワーク・ライフ・バランスや、ダイバーシティ、女性の創業支援されており、
今回のセミナーでは、「なぜ女性活躍は収益拡大に繋がるのか?」
という興味深いテーマでお話しを聞かせてくださいました。

女性活躍推進、働き方改革と、耳にしない日はないほどですが、
結局のところ、儲かるの?!

女性活躍が図られている企業は、業績が好調だと言われるが・・・なぜそうなるの?

はてなマークが頭の上をフワフワ・・・。
そんな人も多いと思います。

でも今回の油井先生のお話しを聞いて下さった皆さんには
お分かり頂けたと思います。

イケイケドンドンのモノを作れば売れる時代は終わり、
物よりコト、コミュニッケーション、物語の時代になった今、
女性の感性、価値観こそが企業にとって宝の山です。

油井先生の問いに、
今リビングダイニングに時を刻むものはいくつありますか?
そういうものがありました。
いくつあると思います?

一般的には11あるそうです。

もはや時間を確認するものはいらないんですね。
そんな時代にどうやって時計を買ってもらうのか・・・。
この事例からでもモノを売るって大変です!

もちろんダイバーシティが、
マーケティングの観点だけから語られるものでもありません。
でもこのことだけをとっても、
女性に限らず、いろいろな価値観を内包しながら、
企業が未来に向け前進していくことが大事。

もっともっと勉強しなくちゃですね♪
油井先生!また是非お話し聞かせてくださーい!
今回のセミナー、本当に勉強になりました。
ありがとうございました!









  


Posted by 神奈川県よろず支援拠点 at 17:16・セミナー・イベント情報