2015年01月30日

逗子に誕生したマタニティウェアブランド!

こんにちは
浦川です!

2015年1月、神奈川県逗子市に、
小さな小さなマタニティウェアブランドが産声を上げました。
代表は武田明奈(はるな)さん。

彼女は自分自身が妊娠中に、
既存のマタニティウェアに疑問を持ちました。
なんでこうなっているんだろう?
えーもっとおしゃれに着れたら・・・。
素材がこんな感じだったらお洗濯が楽なのに・・・。

様々な視点から独自の工夫を凝らし、
究極のマタニティドレスを
デザインから素材選び、
すべてオリジナルで商品化しました。

“完成したドレスの素晴らしいクオリティは、 
 こちらのWEBサイトからご覧ください”

今日は、金崎サブコーディネーターと私も一緒に
彼女が一から立ち上げたブランド、
『MATERNITY WEAR HOUSE』の広報戦略、
また今後の事業展開ついて
じっくり打ち合わせさせて頂きました。

可愛い二児の母親でもある武田さんが挑む夢のブランド設立。
神奈川県よろず支援拠点チーム一丸となって
サポートしていきます。

『MATERNITY WEAR HOUSE』
所在地:神奈川県逗子市逗子7-6-20 スモールスクエアD室
電 話:046-872-5572






  


Posted by 神奈川県よろず支援拠点 at 17:41・相談風景

2015年01月29日

自転車が持つ未来の可能性!

昨日よろず支援拠点に初めてお越し頂いたのは、
川崎を本拠に、
自転車に乗る人にとって、
暮らしやすい社会の実現を目指す
株式会社セルクル代表の田中さんです。

今日は、金崎サブコーディネーターが、
今後のビジネス展開に関して
じっくり打ち合わせさせて頂きました。

田中さんのお話から、
日本の自転車をとりまく環境は、
ヨーロッパ諸国と比較すると
まだまだ遅れているとのこと。

しかし、だからこそビジネスのヒントや、
多くのチャンスが眠っているとも言えます。

様々なアイディアを出しながら、
自転車と楽しく暮らすことの素晴らしさ、
社会に与える可能性などを再発見。
今後のビジネス飛躍に向けた
有意義な作戦会議となりました。

  


Posted by 神奈川県よろず支援拠点 at 16:45・相談風景

2015年01月28日

神奈川新聞に大きく掲載!!

今日はメディア掲載情報をご報告!
先日このブログでもご紹介させて頂いた、
手作り染織物の新しいブランド、
「草絵木織®」を立ち上げた山口さん!
27日付朝刊の神奈川新聞に、大きく取り上げて頂きました!!

マーケットプレイス利用拡大
ネットで簡単 商品取引

ご本人も作品と共に大きく写真に載っています♪
これまで作品展を開催しての展示販売が主でしたが、
世の中のマーケットプレイス市場の拡がりと共に
山口さんのネットショップ出店への取り組みが注目されました。

やはり、今回広く関心を持っていただけたのは、
山口さんのモノづくりに対するあふれんばかりの情熱と
作品のクオリティの高さ。

<井川サブコーディネーターと打ち合わせをする山口さん>

自然の草木を使って原毛を染める作業から始まる制作工程は、
自然に敬意を持ちながら作品を生み出していく、
厳かな儀式の様でもあります。

季節の自然の色を身にまとうことのできる
山口さんの作品たち、
是非興味のある方お問い合わせください。
お問い合わせはこちら
  


Posted by 神奈川県よろず支援拠点 at 15:49・メディア掲載情報

2015年01月23日

杜仲抹茶『碧山園』さんが日刊工業新聞に!

こんにちは!
浦川です。

よろず支援拠点でサポートしている
神奈川県愛川町で杜仲茶の開発・製造をてがける碧山園さんが、
21日付けの日刊工業新聞に大きく掲載されました!

「未病産業」創出へ一歩
神奈川県が研究会
企業参画2倍、15事業始動
イオン 来店で健康ポイント
碧山園 杜仲茶の新商品狙う

こういった見出しで、
県が推進する未病産業創出に向けた取り組みの
代表例としてなんとイオンさんと共に紹介される!
うれしいですねー♪

(以前、安間社長によろず支援拠点に来て頂いた時の写真)
ますます、よろず支援拠点もこうした地域の事業者のみなさんに
効果的なサポートを実現できるよう頑張っていきます!
  


Posted by 神奈川県よろず支援拠点 at 15:58・メディア掲載情報

2015年01月22日

うれしいご報告!

こんにちは!
浦川です。

先日、うれしいご報告を頂きました!
よろず支援拠点でサポートさせて頂いている、
川崎でプラスチック加工一筋45年、
有限会社八正精工さんの新商品「スライド式ロングティー」が
売れに売れているというご報告!
1000個ほどあった在庫が、
ここ1か月ちょっとの間にほぼ完売の状態だとか。

最初よろず支援拠点にご相談頂いたのが7月。
それから約半年をかけて、
売りたい商品の本来の価値はなにか?
明確なターゲットは?どうやって伝えるか?等々、
ディスカッションを重ねてきました。

南舘社長の高い技術力と商品のクオリティ、
高齢者にいつまでも元気にゴルフを楽しんで欲しい
という熱い想いも含め、
今回は明確に高齢者用のゴルフティーという打ち出しのもと、
情報発信を実施しました。
結果、地元神奈川新聞に大きく取り上げて頂き、
八正精工さんに直接お電話、FAXでどんどん注文が舞い込んだそうです。

高齢者用のゴルフティーってあるようでなかった。
注文されるほとんどの方が高齢者の方に
プレゼントとして購入されているようです。
今後も高齢者の方がいつまでも元気で趣味を楽しめるような
新商品を開発したいと意気込む南舘社長。
我々よろず支援拠点も一緒にチャレンジしていきます!

有限会社八正精工
商品へのお問い合わせは→TEL 044-855-3343


  


Posted by 神奈川県よろず支援拠点 at 16:50・メディア掲載情報

2015年01月21日

鎌倉野菜を発信する新たなプロジェクト!

今日は神奈川県よろず支援拠点でサポートさせて頂いている
鎌倉青果株式会社さんをご紹介!

同社は鎌倉市梶原に90年以上続く、
鎌倉青果地方卸売市場を運営しています。

私も現地に行ってお話を伺ってきました♪

今県内外で注目されているのが、
鎌倉市周辺で生産される高品質なお野菜を
「鎌倉いちばブランド」として認定し、
全国に鎌倉いちば野菜の安心・安全・おいしさを発信する同社の取り組み。
この日は山崎コーディネーターを中心に、
今後のブランド構築に向け、打ち合わせをさせて頂きました。

昨年、この「鎌倉いちばブランド」は、
日本の食料自給率向上に寄与する事業者や団体などを表彰する、
「フードアクション・ニッポン・アワード2014」にて
神奈川県で唯一審査員特別賞として表彰もされています。

鎌倉いちば野菜は一人の生産者が年間何十種類と野菜を作るのではなく、
野菜作りの名人が一種類の野菜を手間暇かけて丁寧に育てる、
まさに匠の野菜作りが特徴です。

鎌倉周辺に住む著名人や富裕層の人々にも
その品質と味が長年愛されてきました。

今回満を持して立ち上げられた「鎌倉いちばブランド」。
歴史と観光の街鎌倉の、新たな食の名物として
注目されることまちがいなし!
よろず支援拠点も継続的にサポートしていきます。
  


Posted by 神奈川県よろず支援拠点 at 13:17・相談風景

2015年01月19日

秋島先生の海外進出セミナーのご報告

こんにちは、西村です。

先週末によろず支援拠点新年はじめのセミナーを行いました。

下の写真のように、会場は大賑わいとなりました。

勝利の方程式!というテーマで
・己を知る
・敵を知る
・逃げ道を知る
という小テーマについて、豊富な事例からの見出した「解」を
お話いただきました。

やはり海外での活躍にあたって一番大切な事は、語学力ではなく、
ビジネスの基本だそうです。
もちろん、語学力があれば相手とのコミュニケーションは、
より円滑に進むから悪いことはないですが!!





よろず支援拠点では、セミナーだけでなく日々の経営相談も
行っております。
売上を上げたい、来期に向けた計画を作りたいけど、どうしよう
と思っている企業さんがいたら一度相談に言ってみたらと
お勧めください。

次回のセミナーは、新春経営セミナーと題して、
東京大学ものづくり経営研究センター長の
藤本 隆宏教授に
「中小企業の元気になる秘訣」について
ご講演いただきます。

お申し込みはコチラから!  


Posted by 神奈川県よろず支援拠点 at 17:41

2015年01月16日

インドと共に!

こんにちは!
本日4階相談ブースで、
サブコーディネーターの井上と相談中なのは、
レディースアパレルブランド『kapuwa』を展開されている宮本さんです。

宮本さんは、インドの伝統技法「木版プリント」を守る職人たちと
コラボレーションし、葉や花、幾何学模様等、
オリジナルの柄をワンピースやスカート、
チュニックなどに落とし込みます。

※上記写真はkapuwaさんのHPよりお借りしました。
今日宮本さんが着ている服も、
木版プリントで作られているとのこと。
とてもやさしい風合いで、
心が自然と和む、何ともいい感じです。

※上記写真はkapuwaさんのHPよりお借りしました。
これまでは、個人でブランドを運営されてきましたが、
今回いよいよ法人化されるということで、
神奈川県よろず支援拠点で全面的にサポートしています。

今後はライフスタイルブランドとしての
展望も視野に入れながら展開していく予定。
宮本さんのチャレンジ、ますます楽しみです!
  


Posted by 神奈川県よろず支援拠点 at 17:17・相談風景

2015年01月15日

茅ヶ崎に「KEEP LEFT」ムーブメント!

今日は茅ヶ崎でとっても興味深い活動をされている、
フリーのデザイナー南八重 智子さんをご紹介。

南八重さんは自身がデザインした「KEEP LEFT」と書かれた
オリジナルのプレートを販売、自転車の左側通行を定着させようと
市民団体と共に茅ヶ崎市民に発信しています。

そのプレートはハワイや海外のナンバープレートを
意識したデザインで非常にオシャレ。
簡単に自転車の前カゴなどに取り付けられ人気を呼んでいます。

実物を見せて頂きましたが、
「コレイイ!」と思わず言ってしまうほどかっこいい!
現在、簡易のラミネートのプレートが約3000枚、
アルミ製のモノが400枚~500枚ほど、
茅ヶ崎市民の間に普及しているとのことです。

南八重さんは、このプレートを自転車につけてもらい、
交通安全への意識、歩行者や社会への「思いやり」を
茅ヶ崎という街に生み出せたらとお話してくれました。
「自分たちの住む街を、自分たちで良くしていきたい」
そう、はっきり言い切る南八重さんの楽しそうな目が印象的でした。

今後は、企業や民間団体とのコラボ等、
益々「KEEP LEFT」のムーブメントが
盛り上がっていく計画。
我々よろず支援拠点もビジネスの視点から、
南八重さんの取り組みを応援していきます!
  


Posted by 神奈川県よろず支援拠点 at 17:36・相談風景

2015年01月14日

ものづくり中小企業のみなさん大注目のセミナー開催!

こんにちは!
神奈川県よろず支援拠点広報担当の浦川です。
今日はみなさんにとっておきのお知らせです。

神奈川県下のものづくり中小企業集まれーーー!

2015年2月3日(火)
新春特別経営セミナー

15:30~17:30

中小企業が元気になる秘訣

~現場改善から、未来へつなげる~

講師:藤本隆宏氏
東京大学ものづくり経営研究センター長

ものづくり中小企業を取り巻く競争環境は依然厳しいですが、
生産現場に「良い設計の良い流れ」を作る努力を怠らない企業は、
生き残るチャンスが増えています。
日本のものづくり企業支援の権威、
東京大学ものづくり経営研究センター長、藤本氏が明かす、
まだまだ利益が上げられる「生産性倍増」の極意とは!
ものづくり中小企業経営者必見の新春特別セミナーを開催します!!

東京大学大学院経済学研究科教授
東京大学ものづくり経営研究センター長
1955年東京都生まれ。1979年東京大学経済学部卒業,三菱総合研究所入社。1989年米Harvard Business Schoolで博士号取得,
1990年東京大学経済学部に助教授。
1998年東京大学大学院経済学研究科教授。
2004年東京大学ものづくり経営研究センター長。
『日本のもの造り哲学』(日本経済新聞社)など著書多数。

神奈川県よろず支援拠点事業、新春の目玉企画です!
製造業の他、サービス業、その他業種にも役立つノウハウ満載です。
みなさんのご参加是非ともお待ちしております!

お申し込みはコチラから!  


Posted by 神奈川県よろず支援拠点 at 12:01・セミナー・イベント情報