2016年06月02日

新メンバー、飯塚コーディネーター!よろしくお願いします♪

神奈川県よろず支援拠点、新規メンバー紹介します!
中小企業診断士の飯塚コーディネーターです。

飯塚さんは銀行出身で融資の現場を長く経験。
そこで様々な経営者の皆さんと一緒になって課題に立ち向かってきました。

そんな中で、いつか自分も!
体を張ってビジネスシーンを生き抜いていく。

そんな想いで独立し、よろず支援拠点に参画されました。

浦:こんな感じでよろしいですか?
飯:まあ、そんな感じで間違いはないです・・・照。

飯:それと母親の影響が大きかったのもあります。
  母親は洋裁一筋の職人で、ショーモデル、女優、著名人などの
  高級服のお直しをする仕事をしていました。
  なにせ、楽しそうに働いていて・・・自分もそんな姿にあこがれていました。

浦:今回よろず支援拠点で働いてみて、予想と違った点なんてあります?
飯:うーーん。なんかもっと個人で課題を完結しているというイメージがありました。
  そしたら、みんな一緒になってアイデアを出し合っていたり、相談し合っていたりだとか、
  チームで協力しながら成果を出しているんだなと・・以外でした。

浦:それぞれ得意分野を活かしながら連携してみんなで成果を出している感じですね。
  だから、飯塚さんも是非ご自分の強みをよろず支援拠点で共有してください。

浦:ちょっとプライベートなことも。好きな映画はなんでしょう?
飯:「ブリジットジョーンズの日記」です。

浦:恋にダイエットにドタバタに頑張る女性の物語でしたよね。
飯:なんか共感するんです。私もがんばろうみたいな。

浦:趣味は?
飯:一人旅ですかね。
  海外にも一人でいったりします。
浦:なんか、放浪とか似合いそう。

浦:さて最後に、よろず支援拠点でやりたいこと、実現したいことはなんでしょう?
飯:コンサルタントと相談者というより、もっと人対人ってところを大事にしていきたい。
  経営者はとにかくいろんなことに神経を使って悩み、課題を抱え、
  それでも前を向いてチャレンジされています。
  その人たちをリスペクトして、何か一つでも役に立ちたい。
  そんなスタンスを大事にしていきたいんですね。

浦:わかりました!
  素晴らしいスタンスだと思います。
  まさによろずのスタンスです。

浦:一緒にがんばっていきましょう!!








  


Posted by 神奈川県よろず支援拠点 at 13:56・コーディネーター紹介

2015年07月24日

コピーライターの元山さんです!

今日は、神奈川県よろず支援拠点のスタッフ紹介!!
えーと、第何弾か忘れてしまいましたが、
張り切ってまいります。

今回ご紹介するのは、
今年度、4月より新たにメンバーに加わって頂いた、
コピーライターの元山さんです

Q:最初にこれまでの経歴を教えてください。
A:広告代理店勤務を経てコピーライターとして独立してから、
様々な企業のブランディングや広告の企画や制作、
ディレクション、プロデュースなど、とにかく色々やってきました。
 今は中小企業の強みの開発と訴求に注力しています。

Q:元山さんの得意技は、具体的にどんな分野になりますか?
A:コミュニケーションのエキスパートです。
ブランディング企画・制作から、コミュニケーション戦略・戦術 ・制作、
そして拡販プロモーションまでを担当しています。
顧客に商品やサービスを効果的に伝えるには何を訴求すべきか、
どうように訴求すべきかを考えて実行する仕事です。

Q:趣味などは?
A:晴れれば、畑か山登りですね。
雨が降れば、読書に映画という感じでしょうか。

Q:お好きな映画は?
A:映画は結構見ています。
好きな映画を絞り込むのは難しいですね♪
 強いて言えば、ニューシネマパラダイスとか風の谷のナウシカあたりかな。

Q:最後に、よろず支援拠点での抱負をお願いします。
A:私の経験値が少しでも相談者の方に役立てば嬉しいですね♪

何か悟りを開いてしまっているかのごとく、物静かでいつも冷静な元山さん。
ひとたび相談が始まれば相手の言葉に耳を傾け、
理路整然と解決の糸口を見つけてくれます。

晴耕雨読の日常の中で、物事の本質を見つめる優しい目は
メンバーに加わって頂いて4か月、
よろずチームにとって無くてはならない存在です。

ニューシネマパラダイス、風の谷のナウシカ、
いいですよね・・・。

みなさん、今後も元山さんをよろしくお願いいたします!
  


Posted by 神奈川県よろず支援拠点 at 13:50・コーディネーター紹介

2015年05月01日

よろず支援拠点新メンバー紹介!

みなさんこんにちは!
今日はこの4月から、神奈川県よろず支援拠点に加わって頂いた
新メンバーをご紹介させていただきます!!

中小企業診断士で上級ウェブ解析士でもある
吉野太佳子さんです。

吉野さんは、京都の美大出身という異色の診断士!
ファッション、不動産、インテリア、大手製造メーカーと
多種多様な業界を経験されていて、
自ら企業向けIT研修会社の経営者でもあるという
いわばスーパーウーマン(言い回しが古すぎる・・・)です!

実際はどんな人なんでしょう・・・?
今日は、ちょっとインタビューを♪

質問1.中小企業支援にたずさわるようになったきっかけは?

“父親が中小企業の経営者でした。
日常的に父の仕事の話(独り言?)を聞いて育ち、
経営者って悩みが尽きないものだけど、それでもいつも頑張っている。
そんな姿をみていたことが、大きく影響しています。
そんな環境で育ったせいか、経営に興味を持つようになり、
いつかは経営者と関わるような、
仕事につきたいと考えるようになりました。”

質問2.よろず支援拠点ではどんなことをしていきたいですか?

“まず経営者の方に会って、お話しをお聞きしたいですね。
お悩み相談だけではなく、楽しいこともたくさん。
そんな話から、問題解決の糸口や、今後の方向性を見出すことの
お手伝いから始めていきたいです。”

質問3.趣味はなにか?

“植物が大好きで、いろいろと育てています。
観葉植物に名前をつけて毎日話しかけています(気持ち悪い?)。
新しい芽を見つけると、すごくハッピーな気分に包まれます。
他は体を動かすことが好きで、
現在、個人トレーナーの方にサポートいただきながら、
筋トレを頑張っています。
スクワットは自宅で毎日やっています!”

質問4.好きな映画を教えてください♪

“最近はあまり観ることが出来ていませんが、
アンジェリーナ・ジョリーが主演の『ソルト』が好きです。
強くかっこいい女性が主人公・・・というのを見ると血が騒ぎますね。
子供のころ「リボンの騎士」が大好きでした。”


まさに、神奈川県よろず支援拠点の新メンバー、
アンジーこと吉野さん(笑)。

神奈川県下の中小企業・小規模事業者のみなさん、
是非一度、お気軽にご相談くださいね!
  


Posted by 神奈川県よろず支援拠点 at 13:36・コーディネーター紹介

2015年02月13日

神奈川県よろず支援拠点はこんな場所です。

みなさんこんにちは!
神奈川県よろず支援拠点では、
地域の中小企業、小規模事業者のみなさん、
またこれから創業をお考えの方々の
様々なご相談を日々受け付けています。

まずはみなさんのおはなしを
じっくり伺わせて頂き、
一緒に考え、一緒に悩み、一緒に喜び、
一緒に課題を解決していきます。

なんかでっかいビルの中にあるので、
行きづらい・・・。
なんて声も聞こえてきそうですが、
ご安心ください。

我々は相談員というより、
一緒にチャレンジする仲間です。

「なんか最近売り上げが落ちてきたなー」
「新商品作ったけど・・・売れない」

「こんな商売で事業始めたいんだけど上手くいくかなー」
「忙しいんだけど儲かってないぞ」

ビジネスの周りには様々な疑問が湧いてきます。
1人で考えずに、どうぞお気軽にご相談ください
よろず支援拠点はそんな場所です。

みなさんと一緒に汗をかけるのを楽しみにしております!
  


Posted by 神奈川県よろず支援拠点 at 17:17・コーディネーター紹介

2014年12月24日

いつも冷静沈着、井上サブコーディネーター!

こんにちは!
浦川です。

今日はシリーズでお送りしているスタッフ紹介第4弾!

金融機関出身で、事業再生支援において抜群の存在感を見せる、
サブコーディネーターの井上をご紹介させて頂きます。



浦:まず初めに中小企業支援の世界に入られたきっかけは?

井:大学を出てから、ある第二地方銀行で融資や営業を担当しました。
そこでたくさんの中小企業の経営者の方々とお仕事させて頂く中で、
銀行員の枠にとらわれずに彼らの役に立つことができないかと考えるようになりました。
やるなら無理の利く若いうちにスタートしようと考え、
思い切って12年前に銀行を辞めてコンサルタントとして活動するようになりました。

普通、金融ってずっと勤めるのが普通なのでしょうが、
自分は「どうしても支店長になってやる」といった出世欲というか
上昇志向がないという変わり者だという自覚はありました。

あと、経営者を応援したいというモチベーションに関しては、
商売は好きだったけど、上手でなかった父親の影響もあります。
商売下手で家族がどれだけ迷惑を被るかは、身をもって体験させられましたから。


浦:神奈川県よろず支援拠点では、どんなチャレンジをしていきたいですか?

井:これまでの自分の仕事を振り返ってみると、
他のよろずメンバーとはやや毛色の違う仕事、まあ、切った張ったというか、
時として企業の生死に関わる内容の案件に多く携わってきたと思っています。

だからという訳ではありませんが、
公的支援機関には重たいご相談にも
「少しだけ踏み込んだ」形で対応しようと心がけてます。
なので、よろずのスタッフブログには相談内容はもちろん、
人物や会社名も乗せられないケースばかりで、
浦川さんには申し訳なく思ってます(笑)。


浦:趣味などあったら教えてください

井:旅行・・・といいたいところですが、
独立してからは完全なオフで行くことはレアケースになってしまいましたね。
ただ、ありがたいことに(首都圏関東以外の)、
地方の企業さんにご支援を頼まれることがあって、
その際は自腹で1日先乗り、または1日居残りして地域の味覚をいただいたり、
街歩きしたりするのが楽しみです。

それと、これも仕事つながりになっちゃいますが、
行った先の街で同業者の友人がいると、「情報交換」と称して、
彼らにあちこち連れ回してもらっていますね。


浦:今、はまっていることなどは?

井:年明けにはアラフィーになってしまうので、
一駅余分に歩くとかゴルフの打ちっ放しに行くとか、
少しだけ意識的に身体を動かすようにしています。

もっとも、新入社員のころに「邪魔になるから(社内運動会の競技へ)でなくていい!」
といわれるくらい運動神経が鈍いので、上手になんかできませんけど・・・。


浦:好きな映画を教えてください。

井:ごめんなさい・・・。ほとんど映画とかテレビは見ませんもので・・・。
自分の事務所にいる時は、BGM代わりにAMラジオを聞いてます。


浦:最後に抱負を聞かせてください。

井:今回こうして、神奈川県よろず支援拠点という場で働ける機会を頂いたので、
少しでもこれまでの経験を踏まえて、
地域の中小企業のみなさんのお役に立ちたいと思っています。
みなさん、どんなご相談でも構いませんので、ぜひお気軽にお越しください。


浦:井上さんありがとうございました。
井上さんと話していて、いつもびっくりするのが地理関係の知識のすごさ。
電車の路線、道路状況、おいしいお店等々、
全国知らないところはないんじゃないの!?という詳しさ。

僕の地元なら負けない!と思いチャレンジすると、
やはり井上さんの方が詳しい・・・。

方向音痴で、常に道に迷っている僕にとっては、
考えられない能力の持ち主です。
今回、運動が苦手と聞いて、正直ホッとしました(笑)。

神奈川県下の中小企業・小規模事業者のみなさん、
風貌に似あわず!?とっても人間味あふれる井上さんです。
どしどし、ご相談案件お待ちしております!








  


Posted by 神奈川県よろず支援拠点 at 11:34・コーディネーター紹介

2014年11月20日

藤村サブコーディネーターをご紹介します!

神奈川よろず支援拠点のアドバイザー紹介第3弾!
会計事務所から中小企業診断士で独立、
仕事と家庭を両立しながら、アクティブな趣味をも楽しんでしまう、
公私ともに、中々男前の藤村サブコーディネーターをご紹介。
今回はどんなお話が聞けたでしょう?

浦:そもそも、中小企業支援の世界に入られたきっかけは?

藤:会計事務所に勤務していた時に、
税務面以外でも企業さんの役に立ちたいと考えたのが始まりですね。
クライアントのことを本気で考えれば考えるほど、
経営全般のことや売上拡大なんかについても的確なアドバイスができたら・・・。
その際に中小企業診断士という資格に興味を持ちました。


浦:神奈川県よろず支援拠点のメンバーとしては、
どんなことにチャレンジしていきたいですか?

藤:企業が本当に必要としている課題解決をお手伝いしていきたいです。
経営者の方が気付いてない課題もあると思うんです。
あるいは現実から目を背けたい悩みなども。
そんな時、経営者の皆様と同じ目線に立って、一緒にチャレンジしていく。
そんな支援ができればうれしいです。


浦:ここでプライベートの話題も。趣味はありますか?

藤:アウトドア関連では、海の近くに住んでいるので、
気軽に自転車に乗ってボディーボード(春~秋)を楽しみます。
それと最近乗り始めたオートバイ(250cc)ですね。
そのほかには2年前に娘と一緒に始めたピアノ。
大人になってからの習い事は、なんとも楽しいです(笑)。
旅行も趣味ですが、最近はなかなか時間が取れませんね。


浦:はまっていること(一過性のマイブームで構いません)などは?

藤:数年ぶりにお菓子作りのブームが来ています。
今回は娘(8歳)と一緒に作っているのですが、ワイワイおしゃべりしながらやってます。
仕事もなにもかも忘れて没頭できる貴重な時間ですね。


浦:好きな映画を教えてください。

藤:映画が最後まで見られない(寝てしまう)という体質なのであまり見ないのですが…。
「ハート・ロッカー」(←これはドン引きかもしれませんね…・)は気に入りましたね。
言葉では上手く説明できませんが、あのヒリヒリ感ですかね(笑)。


浦:最後に、今後の抱負について聞かせて下さい。

藤:一つでも多くの神奈川県内企業の経営改善をお手伝いしたいですね。
神奈川よろず支援拠点があってよかったって思ってもらえるよう、
日々業務に邁進していきたいです!
みなさんよろしくお願いします。


浦:藤村さんありがとうございました。
経理・財務のエキスパートとして、たくさんのファンを持つ藤村サブコーディネーター。
隠しネタとしては、ヘリコプターの操縦免許も持つという暴れっぷり!
神奈川よろず支援拠点での益々の活躍にこうご期待!
  


Posted by 神奈川県よろず支援拠点 at 13:45・コーディネーター紹介

2014年11月05日

神奈川よろず支援拠点 山崎コーディネーター!

こんにちは!
浦川です。

不定期でお送りしている神奈川よろずメンバー紹介。
本日は第2弾として神奈川よろず支援拠点のリーダー!!
広告業界での経験やノウハウをもとに、
プロモーション戦略から経営改善、
6次産業化サポートにいたるまで幅広く活躍中の
山崎コーディネーターをご紹介!
興味深いお話を色々伺いました♪


浦:まずはこの質問、中小企業支援の世界に入られたきっかけはなんだったのでしょう?

山:日本の登録法人数の99%が中小企業であり、
  雇用者数の75%が中小企業です。
  中小企業の活性化なくして、日本の未来はないと、
  中小企業支援の大切さを実感し、この世界に入りました。


浦:神奈川県よろず支援拠点では、どんなことをしていきたいですか?

山:中小企業の社長は皆さん孤独であり、何かあった時になかなか直ぐに
  相談できる方が側にいないということが多いように思います。
  いつでも、どこでも、何でも相談に乗れるような支援拠点でありたいと考えています。


浦:ここで、プライベートの質問も。趣味はなにかお持ちですか?

山:最近はめっきり回数が減りましたが、ゴルフは大好きですね♪
  後は、仕事絡みになりますが「離島の活性化支援」については、
  一生の仕事として取り組んでいます。
  仕事と趣味が混然一体となっている、いわば自分にとってのライフワークですね。


浦:今、はまっていることなどは?

山:現在、全国各地で6次産業化の取組み支援もさせて頂いている関係で、
  地方の温泉巡りを楽しんでいます。(特に、東北は良いですね♪)

浦:ですね!みなさん東北に行きましょう!!(宮城県石巻出身)


浦:好きな映画などがあったら教えてください。

山:ジェイソン・ステイサムの 「トランスポーター・シリーズ」
 アンジェリーナ・ジョリーの 「トゥームレイダー・シリーズ」
 宮崎駿の 「アニメ・シリーズ」
 役者ではもう一人、二コールキッドマンが良いですね!

浦:なるほど!手に汗握る系は映画の基本です♪


浦:今後の抱負について聞かせて下さい。

山:中小企業の社長に信頼される 「コンサルタント」 を目指すと共に、
  楽しく仕事をして行きたいと思っています。今後とも、皆さん宜しくお願い致します!


浦:相談者の方々と、共にチャレンジすることを心から楽しんでいる山崎コーディネーター。
  今後も神奈川県の地域活性化のために、
  神奈川よろず支援拠点大いに盛り上げていきましょう!
  ありがとうございました。  

  神奈川県下の中小企業・小規模事業者のみなさん、
  どんな相談内容でも構いませんのでぜひご連絡ください。
  山崎コーディネーター以下、スタッフ一同心よりお待ちしております!






  


Posted by 神奈川県よろず支援拠点 at 15:30・コーディネーター紹介

2014年10月22日

サブコーディネーターの金﨑です!

こんにちは!
浦川です。


今日は、神奈川よろず支援拠点のメンバー紹介を!

まずは、中小企業診断士の金﨑(カネサキ)を、
インタビュー形式でご紹介させて頂きます。

浦:金﨑さんは、製造業勤務後、平成19年に中小企業診断士として独立開業。
  経済産業省施策の中小企業支援ネットワーク強化事業でアドバイザーを務め、
  昨年は神奈川県のエリアモデレーターとしても活躍されています。


浦:まず初めに、中小企業支援の世界に入られたきっかけは?

金:ずっとプラスチックメーカーの製造業で、
  生産管理・業務改善等を主な仕事としていました。
  
  そんなサラリーマン時代に、子会社の再生支援プロジェクトを担当することになったのです。
  その時に感じた“充実感と手ごたえ”、
  今追えばこの道に入るきっかけになったのかなと思います。


浦:神奈川県よろず支援拠点では、どんなことをしていきたいですか?

金:上手いこと言えませんが、
  よろず支援拠点に来て頂いた企業のみなさんが、
  「あー来てよかった」と思ってもらえるような支援をしたいですね。
  あたりまえですが、心をこめて相談させて頂くしかないと思っています。
  

浦:少しプライベートのお話も。趣味はあります?

金:釣りですねー。
  週末で時間が取れるときは、一目散で海に向かっていきます(笑)。


浦:ほかに、はまっていることなどは?

金:今はまっているのは、写真です。
  それも自宅で飼っている、猫の写真を撮ることですね。
  可愛くてたまりません(笑)。


浦:なるほど。最後に、今後の抱負について聞かせて下さい。

金:よく言われることですが、
  お医者さんが患者さんの背中をさすっただけで痛みが和らいだり、安心したりする。
  自分も企業さんに、そんな温かい手のひらみたいな
  アドバイスができるようになりたいと、いつも思っているんです。


浦:金崎さん、ありがとうございました。

  ほんわかした笑顔とは対照的に、
  効果的な鋭いアドバイスを的確に相談者に向けて提案する金崎さん。
  相談者はもちろんのこと、神奈川県下の支援機関からも厚い信頼を得ています。

  
  猫ちゃんの写真を撮るのが楽しみという意外な一面もあり、
  人間味あふれる頼れるアドバイザーです。

  みなさんも是非何か相談事がありましたら、金崎へご用命ください。
  

  以上、神奈川よろず支援拠点スタッフ紹介でしたー!





  


Posted by 神奈川県よろず支援拠点 at 14:43・コーディネーター紹介

2014年10月17日

神奈川県よろず支援拠点の日常。

こんにちは!
浦川です。

先日、神奈川よろず支援拠点のコーディネーター陣がそろっていたのでパチリ!
各自、もくもくとパソコンに向かって作業をしています。

なぜ、こんなにせい揃いなのか?

この日は全体でのミーティングがあったからなんですね。
よろず支援拠点に寄せられる相談案件についての今後の方針、
また国の中小企業支援の施策などをチーム全員で共有します。

神奈川県よろず支援拠点がどこにあるかといいますと、
JR関内駅・北口から桜木町方面に向かって歩いて5分位のところにあります。

※となりに建っている素敵な建物は横浜指路教会(夜はライトアップされてきれいです)

このビルの名前は「神奈川中小企業センター」

エレベーターで4階に上がっていただきます。

4階受付には受付の荒井さんが笑顔でお迎えいたしますー。

相談スペースはいくつかありますが、こんな感じです。
リラックスしてお話し下さい。

「最近どうも売上が芳しくないなー」
「創業のアイデアが浮かんだんだけど、何から手をつければいいのかなー?」
「新しいサービスを考えたんだけど、どうやって広めればいいのかな?}

どんなことでもいいので、お気軽にお話し下さい。
よろず支援拠点8人のスタッフがじっくりお話を伺います。

地域の中小企業や小規模事業者のみなさん、
よろず支援スタッフ一同、
皆さんとのチャレンジ楽しみにしています!

セミナー情報はコチラ

神奈川県よろず支援拠点
所在地:横浜市中区尾上町5-80
TEL:045-633-5071

  


Posted by 神奈川県よろず支援拠点 at 14:25・コーディネーター紹介