2016年12月22日

家づくりのプロフェッショナル!

横須賀市に拠点を持ち湘南地域を中心に、
良質な注文住宅を設計・施工されている
アイナイ工務店の代表で一級建築士の相内さんをご紹介。

奥様が僕の逗子でのセミナーにご参加頂き、
横浜まで相内社長をお連れ頂きました。
うれしいです。

相内社長は家を一棟建てるために必要な、
すべての技術、資格をお持ちです。
設計にはじまり施工部分では、電気、
水道その他もろもろ。

そしてなんといっても、
長期優良住宅(200年住宅)へのこだわり。
国から資金補助が出る仕組みですが、
それをクリアするためには耐震性、省エネ等々
髙いハードルを越えなければなりません。

時間と手間、技術を尽くして、
これをアイナイ工務店の家づくりの基準にされている。

本当によい仕事をされています。

ひとつの例では、
長年建築士をされてきた方が、
終の棲家をアイナイさんに任せたいと言われたとか。

今後は次世代の育成、
日本の大工の技能、家づくりの文化などを
伝える取り組みも構想中です。

とっても楽しいディスカッションが出来ました!



  


Posted by 神奈川県よろず支援拠点 at 11:34・相談風景

2016年12月14日

これからも地域貢献!

こんにちは。
コーディネーターの佐藤です。

今日は、横浜市神奈川区で製造業と介護施設を営んでいる
株式会社MEGA SYSTEM社長ご夫妻が労務管理の相談で来所されました。
飯塚コーディネーター(左、私は右です)と一緒にご相談を受けましたよー。

社長の強い想いから始められた新規事業、
介護施設びわの樹は2年目を迎えます。
現在はスタッフも充実し経営も安定しているとのこと。

ただ詳しくお話を伺うと、スタッフの数が増えた分、
今までの労務管理だけでは一部対応できなくなってきているご様子。
そこで、これまでは決めていなかった事項についても、
統一できる基準を決めたらどうでしょうかと
アドバイスをさせて頂きました。

社長ご夫妻の年齢は、なんと私の両親と同世代。
明るくチャーミングで魅力的な社長様でした。
地域貢献のために新しい事業にチャレンジ!
社長のバイタリティ、是非見習いたいです♪

佐藤でした!

  


Posted by 神奈川県よろず支援拠点 at 16:17・相談風景

2016年11月25日

鎌倉を拠点に着物の魅力を発信!

この日よろず支援拠点にお越しになったのは、
老舗京都の着物卸問屋で鎌倉に店舗展開をなさっている
「伊と彦」の伊藤専務と、
玉露の味を堪能する煎茶道のお師匠、
「鎌倉 明香庵」代表の中野さんです。

お二人は着物がご縁でつながられ、
鎌倉を拠点に着物の魅力、そして鎌倉の魅力を
世界に発信しようと取り組んでいます。

お二人ともお着物を
普段使いに着ているのがとっても素敵で、
改めて着物って日本人にはいいものだよなと
素直に感じさせてくれる存在です。

今回はお二人の取り組みを世の中に発信していくために、
また、着物の良さをまずは日本の皆さんに知って頂くために、
作戦会議をよろずでしましたよー。

※最高級の玉露をふるまってくださいました!!舌の上に広がる感動の一滴!

お二人とも明るい、明るい!
1時間30分、たっぷり着物の魅力についてディスカッションができました。
そして、キーワードが見つかりました。
お二人の取り組みを加速させるキーワード。
今後イベント、フォーラムの開催などを通じて発信していきます。
こうご期待!!





  


Posted by 神奈川県よろず支援拠点 at 18:41・相談風景

2016年11月17日

ピラティスが作る明るい社会。

今日は吉野コーディネーターと一緒に、
ピラティススタジオ、SKピラティスを運営する、
先崎さんのお話を伺いました。

ピラティスとは、ざっくりいうと、
インナーマッスルを呼吸法を使いながら活性化させていく運動。
体の内側の見えない筋肉の重要性が世の中でも認知され、
ティラピスの活躍の場が広がっています。

先崎さんから、これまでの利用者との関わりや反響、
大いに喜ばれた事例などをお聞きしながら
今後の事業展開を見据えた、
大きな柱になるようなキーワードを見つけました。
3人とも納得のコンセプトです。

そこには先崎さんの仕事に向かう真摯な姿勢、
これまでの経歴、
未来へ向かうためのビジョン、
様々なものが内包されています。

次回は次のステップへ向けて、
より具体化させていきます!
楽しみな案件、始動です。

  


Posted by 神奈川県よろず支援拠点 at 17:00・相談風景

2016年11月14日

保育士がよりよく働ける職場環境を目指して!

鎌倉でのセミナーをきっかけにして、
個別相談にお越しいただいたのが、
社会保険労務士事務所『こどものそら舎』
経営されている関山さんです。

関山さんの面白いところは、
社労士でありながら、保育士の資格もお持ちで、
なんとなんと中小企業診断士の資格も持っているという。
なんともスーパーな方です。

今回は温め中の新しい事業を進めていくうえで、
根幹となるコンセプトと進め方を
ディスカッションしました。

来年にはみなさんに発表できると思います。
中々楽しい企画です。
お楽しみにー!
  


Posted by 神奈川県よろず支援拠点 at 17:15・相談風景

2016年10月21日

川崎・梶ヶ谷『木のおもちゃトナカイ』さんです!

川崎からわざわざ逗子商工会での僕のセミナーに来て下さり、
そして個別相談に関内へと来てくださる。

うれしい・・・。

経営者にとって時間は貴重。
そんな時間を使って来て下さっています。
まずは期待にお応えできるよう全力でがんばらねば!

この日、貴重なお時間を使いご相談にこられたのが
川崎・梶ヶ谷で輸入玩具の販売を行っている
「木のおもちゃトナカイ」の林さん。

林さんは保育園の園長経験を持つ幼児教育のプロでもあり、
子供を楽しく遊ばせるプロで、輸入玩具の目利きでもあるという
スーパーな経営者です。

そんな林さんが一押しなのが、
この日お持ちいただいたフランス製の積み木「KAPLA]。
同じ形をした木片が寸分の狂いもなく裁断され、
自由自在に組み合わさりながら何かに形を変えていきます。

これははまりますね。
手触りもいいし、本当に高品質。
フランスの海岸に生える松の木を使っているそうで、
日本の赤松や黒松ではだめなんですって。

積み木を触ったり、何かを作ってみたりしながら、
これから始まるクリスマス商戦に向けた企画会議をしました。

積み木の本質、奥深さ、いかに伝えていくか。
そこがキーですね。
アイデアを組み合わせながら企画の骨子が決まりました。
計算しつくされた積み木の世界。
楽しみな企画となりました。

木のおもちゃトナカイのクリスマス企画!
ご期待ください♪
木のおもちゃトナカイ
神奈川県川崎市高津区下作延2-35-1
044-865-6669











  


Posted by 神奈川県よろず支援拠点 at 17:22・相談風景

2016年10月20日

まさにチャレンジ!

先日税理士会の皆さんにセミナーをさせて頂いたご縁で
今回ご相談に来てくださいました。
向かって左が横浜を中心に活動されている税理士の林部先生。
右が相談者の塚原さんです。

今回は、今まで温めていた思いを形にするべく、
斬新な新商品開発のご相談!

まだ日本ではなじみのないもので、
新しい文化、ライフスタイル等々、
まるごと提案していく感じです。

まさにチャレンジ!

今後、いろいろなスペシャリストと連携しながら、
サポートを進めていきます。



  


Posted by 神奈川県よろず支援拠点 at 18:03・相談風景

2016年10月18日

鎌倉に出来たスイーツの名店!

鎌倉に行ってきました。
鎌倉駅を江ノ電側に降りて御成通りを歩いて2、3分。
今年6月にオープンしたガレットとスイーツのお店、
『パティスリーカフェ アンビグラム』さんです。

オーナーパティシエの伊沢さん。

フランス修業を経て数々のお店で腕を磨いたのち、
兄弟で広尾にイタリアンレストラン
『アンビグラム』をオープン。
瞬く間に人気店となり、
都内では知る人ぞ知るイタリアンの名店と言われています。

そこから今度は鎌倉へ。
あのアンビグラムが鎌倉に!
と、界隈では話題になったそうです。

伊沢さんの次々とチャレンジし続けるバイタリティと
スイーツ作りに懸ける情熱、
すごいの一言です。

この日は今後の事業展開について
意見交換させて頂きました。

オープンして4か月。
少しずつ常連さんも増え始め、
次なるステップに向け邁進中です。

鎌倉に来たら是非みなさんお寄り下さい。
今まで食べたガレットの概念を吹き飛ばすような
本格的なブルターニュガレットと、宝石のようなスイーツが
とってもリーズナブルな価格で味わえます。
是非ご堪能ください!

パティスリーカフェ アンビグラム
鎌倉市御成町7-7
0467-25-0327


  


Posted by 神奈川県よろず支援拠点 at 15:26・相談風景

2016年09月29日

新商品をどう売るか!

この日は、横浜の原地印刷さんとの
新商品に関するお打合せ。
飯塚コーディネーターと一緒に対応
させて頂きました。

この商品はそもそもなんなんだろう。
そういうそもそものところから、
本質的な価値がどこにあるのか考えます。

うーん。
3人でディスカッションを重ねながら、
少しずつ見えてきました。
ご期待ください!
  


Posted by 神奈川県よろず支援拠点 at 16:34・相談風景

2016年09月21日

エンジニア愛あふれるコンサルタント登場。

先週金曜日、よろず支援拠点に来て頂いたのは、
“エンジニアの人間力をプロデュース”
アビリティラボ代表の英(ハナブサ)さんです。

英さんは大手機械設計メーカーでのエンジニア経験を活かし、
エンジニア派遣の会社で人材コンサルを担当後独立、
現在はエンジニアを活かす組織運営のコンサルタントとして、
活躍されています。

エンジニアって机に向かって設計したり、
計算したりだけでは決して成果が出ないんだそうです。
いかに組織内でコミュニケーションを取り、
意思疎通を円滑にし、
バグ、不具合を無くしていくか!
チームでいい製品を作っていくか!

ここが重要なんだそうです。

でも、エンジニアの人ってそこのところ苦手な人が多いらしいので、
英さんが客観的な視点で組織運営をチェック。
エンジニアが本来の力を思う存分発揮できるように
コーディネートするのが仕事なんだそうです。

なるほど。

でも、英さんの面白いところは、
不具合をゼロにするのが仕事と言いつつ、
不具合こそにイノベーションの種があり、
不具合こそに可能性があると。

不具合万歳!

でもなんでもそうかもしれませんよね。
チャレンジの無いところに失敗はない。
エンジニアのチャレンジがあったからこそ不具合も生まれる。

英さんのエンジニア愛。
不具合という言葉に対するスタンスが物語っています。

今後の英さんの活躍に期待大です。
よろずも応援していきます。

そうそう、英さんをよろずにお連れ頂いたのが、
平塚信用金庫の小池さんです。
今後もよろしくお願いします!  


Posted by 神奈川県よろず支援拠点 at 17:22・相談風景